2017年02月25日

『溺愛エスカレーション』発売

ご無沙汰しております。気づけば2月も残り3日。
時間が過ぎるのがはやいなあと思うたび、「つまりこれが若くないってことだw」と脳内で声が聞こえます。ええ、そうです、若くないのですよ!!

それはさておき、ガブリエラ文庫プラスから、本日2月25日に新刊が発売になりました。ガブリエラ文庫プラスさんは、今月で創刊1周年!おめでとうございます♡♡

溺愛エスカレーション 年上の彼氏に愛されすぎて困ってます。
イラスト/なま先生

MGP014_cover.jpg

+.あらすじ.+

君が可愛すぎて
暴走しそうだ

パティスリーで働く佐藤美海は店に来る年上の男性、仙崎修一に食事に誘われて交際することに。
優しく大人な彼は恋愛初心者である美海を焦らずゆっくり導いてくれる。
「きみがほしくて仕方ない。ねえ、わかる? オレはきみを抱きたいんだ」
仙崎の包み込むような愛に、両親を失ってから臆病になっていた美海も次第に心を開いていく。
けれどある日、身近に感じていた仙崎が、ただの会社員ではなく社長であることを知ってしまい!?
(公式サイトより引用)
------------------------------------------------------------

今回は、プロット段階から『優しい恋』を書きたいなと思っていました。担当さんがそれを受け入れてくれたので、もう思う存分にしっとり!優しく!書かせていただいております!!

過去の傷を胸にかかえるふたりが、出会って、優しい時間を過ごし、互いに癒やされていく。
そういうお話が好きです。なのでちょっと不幸ヒロインかもしれません。あ、でも暗い話でもないと思います!

表紙のイラストをいただいたときには、作者なのに(作者だから?)きゅうううっと胸を締めつけられるような気持ちになったのです。
優しい彼に守られて、癒やされて、愛されているのが、表紙から伝わります!なま先生の挿絵、ほんとうに雰囲気があって大好きです!!



昨日始まった、<新章> Epic of Remnantですが、まだプレイできていないもののガチャだけ20連まわしてきました。いつもの礼装ガチャですよねーはいはいwとか思っていたら、なんと新宿のアーチャーが!現界されましてよ!!
でも、2月末から3月まで慌ただしい日々が続くため、本編は寝る前にちまちま進めることになりそうです。マスターがんばる!



posted by 麻生ミカリ at 10:27| 書籍