2016年06月25日

『偏屈ピアニストの桐原さんは、エレベーターで恋に落ちたようです』発売

2016年が半分終わろうとしていますが、皆さまいかがお過ごしですか?
わたしは今日もアイスを食べました。アイス大好き!太るの怖い!!そんな感じでだいたいハッピー、はたまたピース。

ということで、相変わらずヘタクソなふりで入る、宣伝です。本日、ガブリエラ文庫プラスより新刊発売です。

偏屈ピアニストの桐原さんは、エレベーターで恋に落ちたようです
イラスト:要まりこ先生



+.あらすじ.+

嘘つきだ。だけど、
そんなあなたもかわいい。

ビル管理会社に勤める千春はエレベーターに閉じ込められた顧客、美貌と才能で人気絶大な国際的ピアニストの桐原を励ましたことで、彼に熱烈に求婚されるようになる。
地味な暮らしを望む千春には迷惑でしかないが、めげずにアタックしてくる彼の様々な顔を知り次第にほだされかけ始めたある日、風邪を引いた彼を見舞った際に押し倒され、「好きな女に触れられて寝ていられる男なんていない。あなたは迂闊すぎる」と甘く迫られて!?
(公式サイトより引用)
------------------------------------------------------------

あらすじから伝わるかもしれませんが、わりとアレな感じのヒーローだと思います。書いていたとき、桐原さんのあまりにめげないメンタルの強さに、勇気をもらいました!
逃げるヒロイン、追うヒーロー。王道ですが、大好きな設定です。とても楽しく書かせていただきました。
要まりこ先生の描いてくださった桐原さんと千春が、見事にイメージぴったりで、表紙のカラーイラストをいただいたときからニヤニヤがとまりません!コミカルな表情も泣き顔も魅力的なのですよ!!そして、桐原さんの笑顔の挿絵に、ワタクシは完全にノックアウトされております……!

初回限定で番外SSもついてきます。本編のその後のふたりです。
番外編も、主に作者が楽しんで書きました!良かったらお手にとってみてくださいませ〜♪♪



いやー、今年の前半はほんとうにたくさん本が出たなーとしみじみ。
たくさんのかたに助けていただき、支えていただき、なんとかこの仕事を続けてきました。初めて出版してもらった本(エタニティブックス『Love me do!』)から、ちょうど5年。少しは成長できたと思うところもある反面、初期に持っていた勢いが薄れたような気もしたり、いやいや、今だってハイテンションのバカエロも書けますぜ!みたいな気持ちになったり、まあ、渦中にいるとわからないことも多いですが、何かしら変化はあるのだと思います。あってほしいと願っています。劣化の一途だけはイヤです、神さまあ……!!

そんな感じで、2016年後半もどうぞよろしくお願いします!

posted by 麻生ミカリ at 01:11| 書籍